特別修学支援室について


特別修学支援室は、障害のある学生が修学及び研究を行う上で抱える困難に対して、相談に応じ、支援をコーディネートしています。サポートを担う学部、各研究科等と連携し、支援学生とも協働し、支援実施体制の充実を図っています。

障害のある学生とは、肢体不自由、精神障害、視覚障害、聴覚障害、発達障害、内部障害、性的マイノリティなどのため、修学及び研究上に困難がある学生のことです。一人ひとりと丁寧な対話を重ねて、障害のある学生が主体的に学ぶことができるように、学びの環境(人ともの)を整えています。相談には、特別修学支援室の相談員である本学の教員が応じています。

北海道大学の特別修学支援室の特色は、修学支援を通して、人と人をつなぎ、支え合いながら、サポートを受ける利用学生とサポートをする支援学生がお互い学び成長し合える場づくりを目指しているところにあります。もう一つの特色は、教育補助機器に関する情報を集約し、学びの環境がより豊かになるよう整備していくことです。

 

 

© COPYRIGHT HOKKAIDO UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.